スポンサーリンク

誰がこの求人票の責任を取るのだろうか?パート3

それはタクシー乗務員だった頃

都内から1人のお客様を乗せた。
その方は、色々会社を営んでいる方だった。

タクシーの給料の話で、話が弾み、今求人をみなさんが知っている媒体で出してると言われて、求人を見て良かったら応募してと言われて別れた。

 何かの縁かな?

なんて勝手に思ってしまって
これが転職の負のスパイラル
なろうとはこの時、考えもして無かった。

この求人とは、新しく会社を立ち上げる。
それは、寝台会社。
いわゆる、霊柩車の会社。

寝台会社って、あまり考えて無かったが、タクシー時代に、老人ホームや病院から寝台車の後ろをついて言った経験は何度かあった。

人に感謝される仕事

何かの縁も感じて、応募して社長と話す事になった。
寝台車の求人とあって求人が少ないとのこと。
先行き会社を引っ張る人材になって欲しいこと。
これから忙しくなる業界であること。
人に感謝される仕事だと説得された。

再婚したばなりだったので、嫁さんとも話したが、
嫁さんは、タクシーのままでいて欲しいって言われたが、説得して転職する事にする。

確かに、人には感謝される仕事ではあるが、、、。

都内のマンションの一室に事務所があった。
社長の知人三人がとりあえず会社の経営をする。
三人とも、寝台については素人だった。

この会社は、日本の中心にある寝台会社のフランチャイズに加盟して起業。

素人に教わる教育が、最悪だった。
それは、彼らにしたら教えるスキルがないので仕方ないが、教わる方はそれ以上にどうすれば良いのか不安になる。

同時に入社したのは4人。
一応、三交代勤務で4人の内2人が1ヶ月夜勤になった。
夜勤になった私と私より年下の方と一緒に教育されるが、深夜の倉庫でストレッチャー練習を毎日行う。

素人が素人に教える事は、なんのメリットもない。

結局、同期2人で深夜の倉庫でストレッチャー練習を行う事になる。


いわゆる放置教育。

寝台車は、エスティマタイプがリーズナブルな料金になるので、エスティマにストレッチャーを出し入れ、ストレッチャーの操作法、スムーズになるように練習する。

夜勤は21時から6時までの勤務。

 

f:id:karin88:20170712164415j:image

 

入社してなかなか仕事の連絡は来ない。

フランチャイズ先から仕事が入る事になっていて、

深夜の倉庫でストレッチャー練習ばかり3時間行い、事務所に戻り電話当番になる。

24時から深夜の1時迄休憩。

2時から待機。待機。待機。

フランチャイズ先からもらった資料をみたり、斎場場所の確認。

初めて仕事が入る。◎が仕事した日。

病院からセレモニーではホール。

 

3週間目、あまりにも仕事が、入って来ないので、上の3人が慌ててくる。

 

都内のセレモニーではホール、葬儀社に営業に行くが、すでに都内業者は大手が斎場を抑えているので

「いまさら何を言ってるんだ」って言われてこちらには回って来ない。

 

上の3人は、勝手にフランチャイズ先から仕事もらえないなら、自分達で直接営業したり、フランチャイズ脱退しようなどと言い始めるが、契約書には同類の仕事は出来ないように書いてあるのは当たり前。

 

社長に相談もせずこの、3人は何を考えてるんだろう?

フランチャイズ先が、仕事も紹介する話だったみたいで、都内の状況も確認しないでフランチャイズに加盟。

 

寝台車を持っていない小さな葬儀社には都合が良いみたいで、やっと一社と契約出来た。

 

ストレッチャーには前と後ろがあって、故人の頭を運転席側に前から入れる。

これは、フランチャイズから渡された資料にも書いてあって、やってはならない項目の一つ。

 

フランチャイズ先から、仕事の連絡が来る。

 

立ち上げメンバー3人の内1番偉い、エリアマネージャーと、同行する。

 

今日は作業を見るように指示された。

 

有名な葬儀社の仕事で、病院へ下げに行く。

故人を乗せる仕事=下げという。

 

葬儀社の担当者とエリアマネージャーが下げの準備をしてるのを、見ていると

 

絶対やってはいけない、前後反対で故人を乗せる。

 

運転は私がして、セレモニーホールへ。

 

届けた後に、有名な葬儀社から連絡ありかなりエリアマネージャーはかなり怒られていました。

この有名な葬儀社から、仕事頂けなくなりました。

 

素人がやるからこうなる!

 

寝台会社の需要は、これからあるかもしれません。

 

でも、この会社に未来はないと感じた瞬間でした。

 

景気の良さそうな親会社がとりあえず、やっているので給料はもらえましたが、2ヶ月いて仕事したのは3日間だけで、後は待機とストレッチャーの放置練習と電話当番。

 

ストレッチャーの使い方なら、上の3人には負けない位の練習量です。

音を立てないようにストレッチャーの出し入れは自信あります!

 

仕事がないのと、社長と約束していた。

2週間で社会保険に加入させるということさえ守っていただけなく、仕事量のなさに不安を感じて、深夜の同期2人一緒に退社する。

連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。