スポンサーリンク

土用の丑の日に必要なのは新しい名称だ!

うなぎの蒲焼大好きです。

 

土用の丑の日になると何故か食べたくなるし。

 

食べなければいけないような感覚になる。

 

土用の丑の日に、うなぎを食べる習慣にしたのは

平賀源内さん説と言われていて、夏の時期にうなぎが売れない知り合いの鰻屋さんに相談された。

 

 「本日丑の日」

 

と店先に貼り紙するように平賀源内さんに言われた

鰻屋さんが繁盛した。それを見た同業者が真似て、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣になった。

 

でも、現在は、色んなお店、スーパー、コンビニ、牛丼屋、ファミリーレストランもこぞって

土用の丑の日」を宣伝している。

 

鰻は栄養価も高いので夏バテ防止にもなるけど、現代の日本の食卓ではそれほど栄養価が高いとは言えない。

商業的に、「食べさせられている」

ことに気づいてる人はどの位いるんだろう。

 

若い頃、うなぎがが好きな上司がいて、

「魚へんにマン」(鰻)

ってよく言う。

 

土用の丑の日とかは、関係なしに、食べたい時に今日は「魚へんにマン」食べに行くかって、よくその上司に言われた。

 

若い時の記憶ってうなぎを見るたびに、上司を思い出すので強烈な印象があったんだろう。

 

その上司は魚へんに「マン」(鰻)

そのマンをいやらしく強調する典型的な方。

いつも苦笑いの愛想笑い。

うなぎってよく精力増大って言われるのは

ビタミンEが豊富に入っているからで、男性ホルモンの分泌を活性化させる効果がある。

 

土用の丑の日の時期は、テレビのコマーシャルや街中を車で走ると、うなぎの文字を多く見かける。

 

商業的に食べさせられているのは、

 

本来は「嫌」なんだけど、

 

「サブミナル効果」

にまんまとやられている!

 

土用の丑の日にうなぎを食べるという

「洗脳」

されていることに気付いた。

 

土用の丑の日「呪縛」

を解くには新しい名称が必要だ!

 

土用の丑の日」にうなぎが食べたくなる。

 

うなぎは食べたい時に食べに行く!

っていう「意識改革が必要」

 

でも

「あ〜うなぎ!食べなくなってきた!」

 

愛しの嫁さんと「魚へんにマン」

食べに行ってきます!

 

f:id:karin88:20170725114824j:image

 

嫁さんはひつまぶし

 

f:id:karin88:20170725114839j:image

 

まんまと土用の丑の日の呪縛により

 

うなぎを食べに行ってしまった2人でありました。

 

やっぱり鰻は美味しいし大好きだけど、

 

食べさせられている感が気になるのは僕だけでしょうか?

 

laugh × laugh でいこう!

連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。