laugh×laugh(ワッハッハ)でいこう!

好きなドラマ映画、体験談の雑記ブログ

スポンサーリンク

1973年のここだけの話

1973年に発売されあべ静江さんの

 

みずいろの手紙

 

阿久悠さん作詞、三木たかしさん作曲で発売され

ヒットした名曲。

 

f:id:karin88:20170912072112p:image

 

あべ静江さんが「ここだけの話」ということで、その当時の話をしてる番組を観ました。

 

「お元気ですか?そして 今でも
愛しているといって下さいますか?」

 

みずいろはなみだいろ〜🎶

 

って赤字のセリフ部分からはじまります。

 

その当時のあべ静江さんは、このセリフが嫌だったと、レコーディングの時間になっても家から出ないでボイコットしたそうです。

 

”弱い女性”を象徴するセリフが嫌だったそうなんですが、嫌々、泣きながら家から連れ出されレコーディングをしたそうです。

 

発売されて、舞台で歌う際に、観客席にいた女性の涙をみてハッとしたそうです。

曲は、発売されて世に出たら、もう自分だけのものじゃない!なんて今までおこがましい考えを自分がしていたんだと反省したそうです。

 

みずいろの手紙は、あべ静江さんの代表作で名曲です。今だから言えるのだろうけど、レコーディングの際にそんな事になってたとはビックリです。

 

これは、今だから言えるあべ静江さんの

「ここだけの話」ですが、

僕らのまわりにもいませんか?

 

 

「ここだけの話」だけど、、、。って

話をする、友人、知人

 

僕は、本当かどうか疑いますから、全部信用しないようにしてますし、そんな話も他の人に話したりしないようにしています。

 

「ここだけの話」をしてくる友人、知人は単におしゃべりな人だと思っていました。

 

心理学的にそれは違っていて、「ここだけの話」をする事により話した相手の心を開かせる。

 

「自己開示の返報性」

 

他人の情報をやたら詳しい「ここだけの話」の知人や友人は、自己開示の返報性を利用して情報を収集してるのかも。

 

秘密を教えてくれたのが嬉しくなって

 

「じつは、私も・・・」って話してませんか?

 

話さなくても良い話までね。

 

自己開示の返報性に注意しましょう!

 

連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。