スポンサーリンク

「涙色のカレーライス」を食べたことありますか?

 

私が3歳の時に両親が離婚した。父親は私が小学校入学になる少し前に、「お母さんが戻ってくる」と私に嘘をついて再婚する。

 

3歳の時に、両親は離婚しているので、髪が長かった女性としか私の記憶には無かったので、本当のお母さんと再婚するって信じていた。

 

小学校の入学前後に、再婚して、小学校2年の夏に腹違いの弟が生まれた。父親は翌年の2月に他界する。生まれたばかりの弟と腹違いの兄(私)との3人生活が始まった。

 

継母は再婚して2年で夫と死別して未亡人になり、継母からすれば、その当時の私は再婚相手の子供で小学2年生で血の繋がりはない。

 

父親が他界して3年経過してはいたが、一緒に住んでいて、実の母親でないことも理解していた私も「お母さん」って普通に読んでいたし、継母が実家に帰る事になってるなんて、

”これっぽっち(少しも)”

も思ってなかった。

 

小学5年生の夏休みに入って、継母から話があると言われた。

 

継母「8月の終わりに群馬に帰る事になった」

 

群馬の田舎は、私も数回行っていた。

 

私「僕も行くの?」

継母「あなたはここに残るのよ」

私「何で」

継母「あなたはここの跡取り」

祖父が健在で、父親の姉の伯母がそばにいる。

 

私が黙っていると

継母「大人になれば分かるから」

 

8歳年下の弟も可愛かったけど一緒にいれなくなる

継母も3年以上一緒に住んでいて”母親”

として信頼していたので、小学5年の私にはかなり

”ショックな出来事”だった。

 

継母が実家に帰る日。

 

町内会で開催される「ドッチボール大会」

8月の最終日曜日だった。

 

8月の最終土曜日(前日)

 

私の大好きなカレーライス。

夕方から一緒に、じゃがいもの剥き方、玉ねぎの切り方、人参の切り方を順番に教えてもらいながら、「カレーライス」を一緒に作る。

 

継母のカレーは

 玉ねぎたっぷりのカレー。

大きめに刻んだ玉ねぎ1個。

みじん切りにした玉ねぎ1個。

玉ねぎを2倍入れる。

 

土曜日の夕飯。

3人で食べた最後のカレーライス。

 

 

日曜日になり

 

「ドッチボール大会」

 

ドッチボール大会に参加しながら時計をみる

もう群馬へ行ったかな?

ドッチボールをやってるときは

不思議なことに、何の感情もなかった!

大会が終わり、自宅に帰る

 

祖父とは、同じ家に住んでいなくて

離れに3人で住んでいた。

 

離れの家に着いて家に入る。

ご飯も炊けていた。

前日のカレーを温めて、テーブルで食べる。

 

「継母や弟のいないテーブル」

 

食べながら、涙が出てきた!

 

食べてるんだか、泣いてるんだか

 

もう分からない!

 

小学5年生の子供にはちょっと辛い一日だった。 

 

今でも私の作る”カレー”

は玉ねぎ2倍入れのたっぷりカレー。

連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。