laugh×laugh(ワッハッハ)でいこう!

好きなドラマ映画、体験談の雑記ブログ

スポンサーリンク

「目に入れても痛くない」と言うけれど親バカだった日

目に入れても痛くないって言うけれど

 

初めて子供が産まれた時は

 

「トンビが鷹を生んだ」

 

って思う程、

「長男」が可愛くて仕方なかった。

 

 

ある日新聞の広告に、

子供タレント募集」の記事

 

 

今でもよくある「広告」

 

 応募してみるかな?

 

応募してしまった

「全身が写ってる写真1枚」

「顔写真が1枚」を同封して応募。

 

1週間位してから、

1次審査「合格」

 

長男は0歳だったけど、「合格」

 

って聞いて舞い上がってしまう!

 

指定日にカメラテストがあると言われて

 

夫婦揃って行くことに!

 

事務所に着くと、

いるいる1次審査合格の方々!

 

全員合格させたんじゃないかと思われる位いました。

 

「カメラテスト開始」

 

f:id:karin88:20170806115424j:image

 

その時の写真。

カメラマンに数枚、撮影して頂いた。

 

f:id:karin88:20170806115639j:image

 

何でも「お金儲け」なのかも知れないけど、

 

登録料と月会費等、かなりの金額でした。

 

申し込みする前の「イメージ」

は事務所に所属出来れば子役として他の費用は事務所が持つと思っていましたが、実際には違いました。

 

 

素人を育てるのにもお金はかかるのはわかりますが、

”0歳の子”に何を教えるのか疑問です。

 

 

それでも登録する方はかなりいらっしゃるのかも知れませんが、、、。

 

 

”親の気持ち”を利用された気がして、登録はせずに帰ることにした。

 

 

子供をタレントにしようなんて気持になっただけ少しの間、夢見させて頂きました。

 

 

「 親バカだった日」

 

 

として認定させて頂きました。(誰の認定?)

 

でも、その中から立派な子役、タレントになる方もいらっしゃる事は否定しません。

 

「でも、長男君。

とっても可愛いでしょ😍😍😍」

 

laugh × laughでいこう!

連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。