laugh×laugh(ワッハッハ)でいこう!

好きなドラマ映画、体験談の雑記ブログ

スポンサーリンク

タクシーの乗務員「給与明細」と【足切りの給与明細】

タクシーの乗務員をしていた頃、【足切り】は絶対にしたくないと思っていたので、日々の営業収入、累積の営業収入、営業収入の平均額をチェックしていました。

 

f:id:karin88:20171121075607p:image

 

タクシー会社によっては、この【足切り】を1日の営業収入を40,000円と設定してる会社もあります。

 

どんなに頑張ってたくさんのお客さんを乗せても、短い距離のお客さんが続き40000円にもいかない日もあります。

 

私がいた会社の【足切り】は、月の足切りで、1ヶ月の総営業収入が45万未満で足切りになる。

 

タクシーは誰を乗せるか分からないし、近距離のお客様が殆どだけど、平均の営業収入が4万円を下回らないようにしていました。

 

私の確認不足もありますが、タクシー会社の給与体系は複雑で、細かい部分まで理解していませんでした。

 

タクシー乗務員としての

最初の【給与明細】

f:id:karin88:20171121081004j:image

最初の月は、社会保険料が引かれていないので手取りも30万円を超えています。

 

前払金で2万円頂いた記憶がないのですが、給与明細をよく見ると前払金で2万円引かれています。何のお金だか今となっては、、、。

 

 

総営業収入により毎月の収入は変わり安定しないのが現実でした。

 

 

平均額の【給与明細】

f:id:karin88:20171121081646j:image

毎月の平均額手取りは21万円前後でした。

 

 

タクシーの有給はその月の平均額で決まり、その平均額は営業収入として加算されるって聞いていました。

 

私のいたタクシー会社の足切りは月の総営業収入で45万。

だから最低でも営業収入が45万以上にしないと足切りになる。

 

強制的な公休出勤があり、それも総営業収入になるとばかり思っていましたが、公休出勤は別の手当てがつくので入らないと言われて、退職月の営業収入が足切りになる。

 

公休出勤が月の総営業収入にならないのは、私からすると想定外でした。

足切り額より、3万円以上あると思っていましたが、公休出勤が加算されないから足切りになり。

 

 

足切りの給与明細】

f:id:karin88:20171121085754j:image

 

3000円足りなかったのが、−55000円。

 

手取り額が大変な額になりました!

 

後3000円売上てれば、20万程度だったと思うと

 

「トホホ」

 

もっとわかりやすい給与体系にして頂きたい! 

 

有給休暇もありましたが、希望では使えないで月の上限は2回。タクシーは2日分働くので、4日分の消化しか出来なかったし、有給の使用上限も、使用出来る日、出来ない日があるのも知らなかった!

 

3000円足りなくて55000円もマイナスにするなんてこの給与体系って何なんだろう!

 

 laugh x laugh でいこう!

連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。