laugh×laugh(ワッハッハ)でいこう!

離婚・転職・起業・好きなドラマ映画、体験談の雑記ブログ

スポンサーリンク

【50代手術体験談】痔核根治術、裂肛根治術。「想定外だった5つのコト」

【50代手術体験談】痔核根治術、裂肛根治術。「想定外だった5つのコト」

 

午前中に大腸内視鏡検査が終わると

 

午後から痔の手術です。

 

f:id:karin88:20181216184349p:image

 

この日は手術される方が多いくて15時頃になるそうです。

 

食事は、前日の21時迄に消化の良いものを食べてから、入院日は食べられないで2日目の夕飯からになります。

 

f:id:karin88:20181216190155j:image

 

手術前に、手術説明があり、愛しの嫁さんも同席して納得した上で、電子署名します。

 

当日の心境はどうにでもなれって感じで、

 

前日迄は、キャンセルしたいなんて思っていましたが、もう逃げれないので大人しくするしかありません。

 

まさに、

 

「まな板の鯉」

 

手術の順番になり、

 

手術台にうつ伏せに乗ると、

 

腰から下がります。

 

麻酔を尾骶骨あたりに注射するともうすぐに肛門の感覚がわかりません。

 

何かの器具を肛門に入れると、下っ腹が圧迫されて鈍痛があります。

 

あとは、何をされているのか分からず、

 

カチャ、カチャ、カチャ

 

って音がするくらい。

 

下っ腹に鈍痛はありますが、肛門は麻酔で痛くはありません。

 

開始から15分位で、

 

急に気持ちが悪くなり、冷や汗?

 

尋常じゃない汗が出て、

 

意識が無くなりそうな感じ?になり、

 

心拍数の警告音が鳴り始めて、

 

頭を上げて、

 

「気持ち悪い!」

 

と言うと点滴に薬品を混入します。

 

心拍数の機械が赤く光り

 

警告音がピーピーピー

 

痔の手術で、意識が無くなりそうになりました!

 

それも、テレビドラマの危篤になる時の心拍数の警告音です!

 

「どうなるんだ?」

 

看護婦さんは、

「もう少しで終わりますからね。」

って言いますが、意識が無くなりそうだし、気持ち悪いし、物凄い冷や汗です。

 

ちょっと慌ててきましたが、

気持ち悪いって数回言ってるうちに

 

点滴に入れた薬が効いてきたのか、す〜と落ち着きます。

 

何とか手術が終わり

私の内痔核3個を見せて頂きます。

 

こんな時にって思いましたが、

 

見た瞬間

筋子が3つ」

私の内痔核はそれなりに大きい!大きい!

 

こんな内痔核が出口にあったなんて!

 

数十年物の成長した痔核です!

 

手術を避けて、成長した私の痔核でした!

 

 

4人部屋に戻り、

手術してから3時間過ぎた頃に麻酔が切れて、

 

かなりかなり痛くなります。

 

鎮痛剤入りの点滴で少しは楽になりましたが、、、。

 

次の苦痛は、、、。

 

尿意との戦いです!

 

食べていませんが点滴をしているので

尿意があります!

 

でも、、、。

 

手術の影響なのか?

麻酔の後遺症なのか?

 

手術当日はベッドで安静にしています。

 

尿意があるのにおしっこが出ない!

 

焦りました!

 

ベッドの上だから、出ないのかな?

 

尿意はかなりあります。

 

出したいのですが、、、。

 

ベッドの上で尿瓶に出そうとしますが、

 

なかなか出ません!

 

アレレ!

 

力を入れても

 

とても出る感じがしません。

 

下っ腹は張っていて、

 

タンクは満タンです!

 

タンクは超満タンですが出ません。

 

点滴されながらの姿勢なのですが、

 

手術して肛門内部の腫れが影響しているのかもしれませんが、力の入れ具合が分かりません。

 

自分なりに姿勢を変えながらおしっこが出る姿勢を探しました!

 

出ない!

 

出ない!

 

どうしよう!

 

出ない!

 

出ない!

 

トイレなら出るかもと思いましたが。

 

手術当日は「ベッドで安静」

 

用意された尿瓶をあてながら格闘します。

 

右に向いたり、

 

左に向いたり、

 

力を入れますが、、、。

 

いつもしてる感じが分からない?

 

タンクは満タンのまま解放されません。

 

尿意は最高潮!

 

このまま膀胱炎?

 

右向いたり、左向いたり、

 

何度も姿勢を変えて頑張りましたが出ません。

 

仕方なく中腰の姿勢でやってみたら

 

少し出ました!

 

おっ!

 

少しずつでてくれました。

 

結局、

痔の手術を安易に考えていて想定外だったのは

 

①手術中に心拍数が下がり、

鳴り始めた心拍数の警告音。

 

②手術中の下っ腹の鈍痛。

 

筋子級だった3つの痔核

 

④麻酔がきれた後の痛み

*ある程度は予想していて、男性は痛みに弱いと言われますが、3つも除去した影響かもしれませんが、私にはかなりの痛さでした。

 

⑤最悪だった尿意との戦い!

 

今だから言えるけど、

 

これは手術当日だけの話。

 

これから、大変な2〜3ヵ月が来ようとは思いもしていませんでした。

 

laugh x laugh でいこう!

連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。