laugh×laugh(ワッハッハ)でいこう!

離婚・転職・起業・好きなドラマ映画、体験談の雑記ブログ

こうやって私は、バス業界転職で給与実態を知りました。シャトルバスのメリット&デメリット。

 

失敗談から学ぶ会社選び。メリット・デメリット。シャトルバス編

 

送迎やシャトルバスの場合、

始まりと終わりの時間が決まっています。

 

朝の早い始発や夜の遅い深夜バスもありません。

わたしが在籍していた会社は、

シャトルバスの営業時間は、

 

基本的に

「10:00から20:00」

8:00から18:00の勤務もありましたが、

比較的生活のリズムが崩れない勤務体系で、

休日出勤も無理して出勤したりしませんでしたので、バス会社としては体に負担のない少ない勤務体系です。

 

 

f:id:karin88:20191206135027j:image

 

シャトルバスのメリット

シャトルバスのメリット

 

①バス会社としては、比較的体に優しい勤務。

 

②無料バスもあるので金銭のやり取りがない。

 

シャトルバス手当や乗務手当が

1乗務あたり2,500円前後の会社が多い。

 

④観光バス会社と違い超縦社会ではなくて、

フレンドリーな感覚で仲良く出来る。

 

⑤時刻表がない。バス停に乗客がいてもいなくても必ず停車する。

15分から20分前後のペースでバスがくるようになってます。

バスの時刻表はありませんが、3台が同じ間隔で走らないといけないので、ゆっくり走ったり、急いで走る場合もありますが、安全第一なので遅れても大丈夫。

 

 

シャトルバスのデメリット

シャトルバスのデメリット

①バス停として登録してない。

*バスが停まると知らないで、一般車が駐車する場合が多く、お客さんの乗降の妨げになる場面がある。

 

②休憩室がない場所もある為、自分で休憩場所を探さないといけないこともある。

 

③1日3台のバスを5人で担当するので、

交代もなるべく早く行わなければならない。

時間に追われる場合もあります。

 

④路線バスもそうなんですが、ちゃんとお客さんが座ってなかったり、吊り革に捕まってないで発車すると、転倒等の車内事故になる場合もあります。

 

⑤ボーナスは少ない。

 

シャトルバスの給与明細】

シャトルバスの給与明細】

f:id:karin88:20191206151626j:image

 

 

シャトルバスまとめ

どうですか?

 

観光バスのように、給料がそこそこでも休みが取れない。路線バスのように朝早くや深夜、長い勤務がないので、体には優しい会社でした。

 

大手路線バスのような、ボーナスはありませんし、昇給も少ないので、同じ仕事なら先輩や後輩もありません。同じ給料だったりします。

 

給料を考えて長い目でみたら、大手路線バスなのかもしれませんが、早番、遅番(深夜)、長勤(16時間拘束)は体に優しいと個人的に思いません。

 

拘束時間を時給換算すると大変な金額になると思われますが、背に腹は変えられません。

 

40〜50代にとって転職は狭き門。

 

働きやすい職場?

 

給料が少しでも高い職場?

 

考えは人それぞれです。

 

大型2種を取得して、

 

観光バスにするのか?

 

路線バスにするのか?

 

シャトルバスにするのか?

 

別の職場にするのか?

 

わたしは、転職失敗続きだったので、

少しでも、求人票に騙されないで、入社出来ることを祈ってます。

 

参考になれば嬉しいです。

 

laugh x laugh でいこう!

 

 

 

連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。