laugh×laugh(ワッハッハ)でいこう!

好きなドラマ映画、体験談の雑記ブログ

スポンサーリンク

意外と知られていない住宅ローン借り換えのポイント!

収入が増えないご時世ですが、毎月の出費は決まってますね。中でも出費の比率が高いのは”住宅ローン”です。お子様がいる家庭では、これから増える教育費も削ることも出来ません。
 
719E14EE-7F28-43E4-9043-294FAB407FC2.jpg
 
住宅ローンで借り換えをスムーズに行うためには銀行選びは非常に重要です。
 
失敗しない。
 
これが住宅ローン
 
借り換えのポイント!
 
一般的に住宅購入の際の諸費用は、新築の場合で購入の5%、中古物件で7%程度と言われていますので結構な金額になります。
住宅ローン選びは、金利だけでない様々な諸費用を説明します。
 
住宅ローン関係の諸費用
 
①税金
②保証料
司法書士報酬
⑤融資事務手数料
⑥火災保険料
 
では、住宅ローン選びで最も重要な条件は何か?
住宅ローンの金利や費用ばかりを気にしそうですが、その他費用も重要なポイントです。
 
yahoo知恵袋で住宅ローン借り換えの条件の1番は金利差でした。金利差を重要視して諸費用を考えてない方が多いです。
 
この諸費用は、購入する場合に決まっている税金は別として、事務手数料や保証料は選び方によって減らすことも出来ます。
住宅ローンによって手数料の設定が違うんです。
 
住宅ローン商品と諸費用込みの比較
 
①住宅ローン商品の金利
②保証会社を利用しない金融機関は保証料はかからない。
③事務手数料は定額タイプと定率タイプがある。
 
総コストで比較する!
 
総コストでの比較が
住宅ローン選びのポイントです。
 
金利だからと​焦らず総コストで比較しましょう。
 
毎月の固定費の削減にもなりますし、場合によっては「えっ車が買えるの?」って位の削減が出来るかも知れません。
 
借り換えのシュミレーションで総コストを比較をして失敗しない住宅ローンの借り換えをしましょう。
 
スポンサーリンク
 
連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。