スポンサーリンク

20年目の離婚があまりにも・・・だった事。

 
20年目の離婚があまりにも、、、。
 
f:id:karin88:20170905182348j:image
 
3人の子供に恵まれそれなりに楽しく家族として、
普通の家族として生活していると思っていた。
ストレスがないと言ったら嘘になるが、夫婦は他人なのでお互いストレスは感じてはいた。
会話のない夫婦でもないと、私は感じていたが元妻はかなり気を使っていたのだろうか?
夫婦喧嘩もそれなりにしていて話し合って解決もしていたし普通の夫婦だと思っていた。
 
 
新居を購入 
結婚して13年目に、長年住んでいた土地を離れ元嫁さんの実家の近くにに、住宅ローンを組んで新たに購入する。
 
私にはもう親がいないので、高齢者になる元嫁さんのお父さんお母さんの近くに転居して方が安心するだろうと思ったのが第一であった。
 
 
親が離婚していると離婚率が高い。 
親が離婚していると、子供の離婚率が高いって聞いてはいたが、元嫁さんの両親は離婚してない。
私は3歳の時に親が離婚して6歳で再婚、8歳で父親が他界し義理の母は実家に帰った。
親が離婚しているので、親の愛情は欠如して育ったのはあるかも知れない。
親が離婚していても、それに自分が当てはまるとは考えてもいなかった。
 
 
 3人の子供に恵まれた 
子供は3人産んで頂き、男の子2人と女の子。
自分で言うのもなんだか、子供は好きだし、子煩悩でそれなりに手伝ってはいた。
お風呂の入れ方や、離乳食、夜泣きがひどい長男も交代で抱っこしたりして子育てにもそれなりにやったつもりだった。
 
 
嫌だったら別れた方がお互いのため
元妻が時折、「嫌だったら別れた方がお互いのためだよ。」何かある時に言うようになっていた。
それが危険信号だとは思ってもいなかった。
 
元妻の妹が離婚して実家に帰って来た。
元妻と妹が良く一緒に出かけようになった。
家事等がおろそかになることもあったので、出かけても良いけどちゃんとやってから行って欲しいと言って喧嘩になったりもした。
 
 
 
 結婚する前に言われた約束 

結婚する時に、元妻から

「嘘だけはつかないで」

と言われていたので、個人的には守って結婚生活を過ごしていた。

元妻の妹を出かけるようになって、元妻が嘘をつくようになり、指摘した際言われたのが、
 
 
「そうさせたのは誰!」
 
 
そう言われて愕然とした。
自分は嘘をつかないように、結婚生活をしていたが、20年近く結婚生活をしていても、元妻は言いたいことも言えない環境だったのか?
 
喧嘩すると、いつも口喧嘩で負けるのは私の方で、言い負かされる方が多いかったのに、嘘を指摘して逆ぎれされて出てきたのが「そうさせたのは誰」だった。
 
 
「女性が一度決心すると」
  
​女性が一度決心すると、もう変わらない。って言いますよね。
本当にそうでした。
子供が社会人になってからにしようとか
色々提案しましたが、もう一緒にいたくないと決めるともうなかなか後戻りできない!
 
 
元妻は実家に帰っていった。
それ程嫌だったのかと思ったが、
1ヶ月前には私本人は少しも考えてなかった
「離婚」を突きつけられた。
 
 
娘に仲介してもらってやり直したいと伝えたが効果なしだった。
 
 
私も諦め、離婚をすることに。
 
 
「離婚」するには本籍地に提出しなければならない。
 
 
東京に本籍地があったので東京の本籍地に提出した。
 
20年の結婚生活が、たった1ヶ月程度で離婚した。
 
元妻は早く「離婚」することで、スッキリして新しくはじめたいと言ってました。
 
簡単に、離婚って言うけど、3人の子供達の洗濯やご飯、掃除、住宅ローンも含めて私の負担になった。
 
離婚条件の一つに、子供達のお弁当はそちらでやって欲しいと。それが私が出した条件だった。
 
 
離婚原因
性格の不一致とは良く言いますが、生まれた環境が違う2人が結婚するので、家の常識って違います。
極端に言えば、醤油やソースを何に使うってことも驚くこともあります。けど、それはその環境で育ったからで何が悪いわけではないんですが、でも、こじれるとそれすら嫌になる。
 
性格の不一致が原因でも、積み重ねで取り返しがつかなくなる関係になると認識した。
 
 
父性
子供3人は本当に可愛くて、父親として厳しく育てた。
元妻に、叱り役を頼まれていたので厳しく育ててしまった。「お父さんからちゃんと叱って」。
まっそれがなくても、母親に行くのはわかってるけどね。
父親って、ちょっと損な役割だなと感じている。
 
結果、子供達は母親よりにはなって、離婚後、3人の親権は私にあったがしばらくして、娘は母親の元に行く事になる。
 
男3人の暮らし(長男、次男、私)は、大変だった。
仕事と家事全般を1人でやり、離婚前より部屋を綺麗にはしたが、食事は簡単なものしか出来ないかったので息子たちには迷惑をかけたと感じていた。
 
娘がアパートで、元嫁と暮らしている。
娘本人は、自分の部屋が欲しくて家に戻りたいって言っていたが、私がいる限り無理な話。
 
離婚後2年間半で、男親の限界を知り、元妻に家に帰ってもらい家を出る事にする。
 
その時に次男に言われた言葉が心に刺さった。
家を出た私は車に乗り、
それがとても悲しくて、悲しくて出て行く際の車の運転が大変だった。
 
みんな知らないだろうけど
「泣き虫」なんだよ。
 
離婚してからの家族。
家族として、子供の成長を近くで見れない事。
これが一番辛い!悲しい。
 
娘は今でも父の日のプレゼントはくれる可愛い娘。
 
長男も社会人になり証券会社に勤務。
 
次男は大学生です。
 
連絡は取り合ってるけど、毎日会えないことがとても、とても辛くなる事があります。
 
スポンサーリンク
 
連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。