スポンサーリンク

松居一代さん。まだ離婚で消耗しているの?

まだ、離婚で消耗しているの?
 
離婚って結婚の何倍ものエネルギー使います。
 
松居一代さんの動画も見ましたが、どちらかが継続しがたいと思っていたらその婚姻は破綻している。
 
第三者的に、もう自分を見れてない。
 
良好だった頃の夫婦関係まで、このままなら後悔する事になります。
 
 
 
結婚=我慢(忍耐)
 
 
 
そう忍耐力が必要です。
結婚してから分かる事実や性格の不一致、相手の不貞等で婚姻の継続が破綻する。
どちらがが、忍耐力で我慢すれば継続してるが、一度許しても(我慢)しても、蓄積されて爆発する。
 
 
離婚は紙切れ1枚で、お互いが納得してサインすれば出来る。
 
だけど、あと始末が、結婚の何倍、いや何十倍も大変です。
 
離婚のあと始末
 
子供がいる場合、親権問題。
養育費問題や子供の進学にも影響がある可能性もある。
 
住宅を購入していたら、共有名義だったり、住宅ローンや住宅を売買しなければならない大変な問題。
 
婚姻期間の金銭に関して、夫婦の金銭は婚姻関係の期間にもよりますけど正確には算出出来ない。
 
夫婦で保険に加入しているので、保険も受取人、保険名義や、夫婦の保険などちょっと厄介。
 
個人で入ってるなら受取人を変更するだけなので比較的簡単です。
 
お互いが納得出来なければ、裁判になる事もある。
 
考えるだけで嫌になるくらい色々あります。
 
離婚を、考えて結婚するのではないのでいざ離婚ってなると他の問題もあるので躊躇します。
 
 
全てを失う覚悟
 
 
そう、全てを失う覚悟が必要です。
 
婚姻によって成立していた親戚関係もなくなります。
 
家族関係も変わります。どちらがが子供の成長を間近で見れない。これが一番辛い。
 
購入してしまった住宅だって、かなりの借金になるかもしれません。
 
そういった部分より離婚したい気持ちが上回り、全てを失う覚悟が出来てるならもう方向は決まってますね。
 
もうそうなったら、お互い離婚で消耗するより、お互い納得して新しい生活に進む方が、お互いのためです。
 
 
お互いの婚姻生活を思い出し、その期間に感謝出来ればスムーズに離婚出来るのではないでしょうか?
 
 
離婚は最後の感謝祭にしましょう!
 
「子供の事を第一に考えて、譲り合い、感謝して行う」祭りです。
 
結婚してくれた事。
 
子供を産んでくれた事。
 
婚姻の継続は難しいけど、感謝出来る事もたくさんあったはずです。
 
お互いの感謝力、それが大切な事です。
 
 
スポンサーリンク
 
連絡先:karinkarin0829@yahoo.co.jp

■プライバシーポリシー

このブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。
Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示できます。
ユーザーは広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます(また、aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。